異常発熱するグラボを分解清掃 GTX1660Ti

ヤフオクで買った難ありグラボを分解清掃したら調子良くなりました。

スポンサーリンク

異常発熱するグラボを分解清掃

ヤフオクで出品されていたちょっと難ありなGTX1660Tiを購入しました。

「認識・動作OKですがFFベンチマークスコアが通常より低い」というものです。うまくマイニングに使えればラッキーかな・・・くらいの軽い気持ちでポチってみました。

ZOTACのGTX1660Tiです。めちゃくちゃシンプルな外観で好感が持てます。

早速マイニングリグに追加して、認識OKでしたのでNicehash QuickMinerを起動してみたところ・・・あっという間に80℃近くまで温度が上昇します。ファンが100%でブン回っていても温度が下がりません。(びびってすぐにリグを止めたので画像なし。)

そりゃベンチ回してもスコア出ませんわ・・・ということで分解してみることにしました。

カバーを固定しているビスを4本外して・・・

パカッ・・・

おぉ・・・。これは冷えませんわ。フィンの間にホコリが詰まっています。

さらにビスを外して、ヒートシンクを取り外します。

こっち面もすごいホコリです。

掃除機とエアーブローして綺麗になりました。フィンの間のホコリは結構強めのエアーでやっと飛ばせるほどの詰まり具合でした。

余っていたCPUグリスを塗っておきました。メモリのサーマルパッドも替えようと思っていましたが、フィンのホコリ除去だけで良さそうな気がしたのでそのまま使いました。

元に戻してマイニング再開。バッチリ冷えるようになってハッシュレートも31Mh/s前後出ているので問題なさそうです。

古くて調子が悪くなったグラボは清掃してみると良いかもしれません。

おわり。