【マイニング】LHR版って実際どうなの?「NBMiner」のLHRロック解除も検証

RTX3060tiのLHR版を買ったのでNiceHash Minerで試してみました。

スポンサーリンク

”LHR版”って実際どうなの?

マイニング性能が50%ほどに制限されているとされる「LHR(Lite Hash Rate)版」グラボ。実際の所はどうなのかを検証するためにヤフオクで中古品を購入しました。

本当のことを言うと、うっかり間違えてポチってしまいました。人間欲張るとダメですね。

RTX3060ti Nicehash Miner&AfterBurner

買ったのはPalitのRTX 3060ti DualのLHR版です。3060tiはLHR版でなければハッシュレート60MH/s程度で、マイニング効率を示す「efficiency」が450KH/J超えの優秀なグラボです。

【マイニング】RTX3060TiをAfterburnerで設定
前回はRTX3070をAfterBurnerで調整して、かなり効率の良いところまで設定を詰めることができました。今回はRTX3060Tiを入手したので同じようにAfterBurnerで設定してみたいと思います。

いつも通りNicehash Minerを起動してみます。

まだAfterBurnerでは値をいじってない状態です。ハッシュレートが27MH/sしか出ていません。

AfterBurnerで通常版の最適値に近いところまで値を変えてみます。

Power Limit 65%、Core clock -502 、Memory clock +1000です。非LHR版ならMemory clockをこの辺まで上げてやると60Mh/s程度のハッシュレートになりますが・・・

31Mh/sにとどまっています。やはり50%程度の制限がかかっているようです。

思い切ってPower Limitを下限値の50%まで絞ってやることで・・・

efficiencyを320kH/Jまで上げることができましたが、ハッシュレートはそのままです。消費電力70Wで同程度のハッシュレートを出せる「GTX 1660super」に比べると、かなり効率が悪いです。

【マイニング】GTX1660super MSIと玄人志向 Afterburnerで個別設定
ヤフオクで買った中古PCにGTX1660 superでマイニングを楽しんでいるマイニング初心者です。今回はグラボをもう1枚追加してみました。メーカー違いの1660 superでそれぞれ異なるAfterburnerの設定値やハッシュレート、消費電力の差を比較しました。

残念ながら今までのやり方ではこれ以上ハッシュレートを上げることができませんでした。

「NBMiner」のLHRロック解除を試してみる

NiceHash Minerで使用できるプラグインの「NBMiner」でLHRのロック解除がサポートされているという事なので試してみました。この機能を使えばLHR版のハッシュレート制限50%のところを68%程度まで解除できるそうです。

↓こちらの記事を参考にしました。

NiceHash - Leading Cryptocurrency Platform for Mining and Trading

プラグインの確認

NiceHash Minerでは「プラグイン」と「アルゴリズム」を使用してマイニングをしています。私が通常使用しているのは標準装備されている「Excavator」というプラグインでイーサリアムを掘るための「DaggerHashimoto」というアルゴリズムを動かしています。

今回はプラグインを「NBMiner」に変更してLHRのアンロック機能を使用してみます。

NiceHash Minerの「Plugins」のタブを開くといくつかのプラグインが表示されます。すでにインストールされているものには「INSTALLED」と表示されます。

「NBMiner」が「INSTALLED」になっているので使用可能です。インストールされていない場合はオレンジのボタンを押してインストールすることができます。

「NBMiner」稼働中のウインドウはこんな感じです。いつもの「Excavator」と少し表示が異なります。

LHRロック解除する

NiceHash Minerの「Benchmark」のタブでロック解除したいGPUを選択します。

「RTX3060ti」を選択すると、使用できるアルゴリズムとプラグインの組み合わせがリストアップされます。今回は6種類の組み合わせがリストアップされました。

リストの中から「DaggerHashimoto」と「NBMiner」の組み合わせを探します。歯車マークをクリックし「Custom Algorithm Settings」を開きます。

「Extra Launch Parameters」のテキストボックスに「-LHR68」と打ち込みウインドウを閉じます。「68%で稼働させますよ」的な内容だと思います。

その後マイニングを開始しましたが、設定した「NBMiner」ではなく「Excavator」が起動してしまったので、

「Benchmark」タブで、先ほど設定した「DaggerHashimoto」と「NBMiner」以外の組み合わせを使用できないようにしておきました。

マイニング中。「using LHR mode 2~」と表示されました。「LHRのモードを最適化していますよ」というような表示だと思います。

ハッシュレートが40Mh/sになりました。消費電力は95W~125Wくらいをフラフラします。良い時はefficiency400kH/Jを超えますが、安定しません。

Afterburnerでパワーを絞ってもあまり変化しません。自動的に最適な状態を探して制御してくれているようです。Nice Hash Quick Minerに近い感じなのかもしれません。

時々「LHR Lock detected~」と表示が出てハッシュレートがガクッと落ちます。しばらくするとまた「using LHR mode 2~」が表示されてハッシュレートが回復します。

グラボ内のLHRプログラムを騙してハッシュレートを増やしているけど、時々バレて制限が回復してしまうといった感じでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回はRTX3060tiのLHR版でマイニングを試してみました。通常のやり方では50%の性能しか発揮できないのでマイニングで利益を出すのは難しいと思います。

「NBMiner」の68%解除モードでは40Mh/s程度まで出ますが、安定感が無いのが気になりました。長期間使用した場合に、平均するとあまり効率が良くないのではないかと思います。

もっと効率よく掘れる他の仮想通貨があるのかもしれませんが、イーサを掘るためだけにわざわざLHR版を買うのは現状では非効率的に思えます。

おわり。