軽トラ荷台ボックス取り付け アイリスオーヤマCK-130

軽トラの荷台にアイリスオーヤマの収納ボックスを取り付けました。

スポンサーリンク

軽トラ荷台BOX取り付け

以前から欲しいと思っていた軽トラ用の収納ボックスを購入しました。アルミ製のカッコいいやつも考えましたが、値段が高いのと取り外したいときに重そうなので却下。樹脂製の「アイリスオーヤマ CK-130」にしました。

アイリスオーヤマ CK-130

デカい段ボール箱に入って届きました。

本体の外寸は幅1300mm×奥行450mm×高さ390mmです。重量は約10kgで、大きさの割にはかなり軽く感じます。

早速荷台に置いてみました。車両はDG63Tスクラムトラックです(DA63Tキャリィと同型)。なかなか良いサイズです。

向こう側のアオリにドンと押し付けるとこれくらいのすき間ができます。

フタの丁番がこのように手前にセットされているので・・・

背中をぴったりとくっつけた状態でも開閉する事ができます。使い勝手を考えて作られています。

フタの裏側の補強もしっかり格子状に入っていますね。耐荷重は60kgだそうです。

このフタの所から水が入るんじゃないの?と思ったら、ちゃんと水返しが付いていました。多少の雨なら大丈夫でしょう。

左右のバックルを開けるために車両反対側に回らなければならないのかを心配していましたが、アオリに腰をあずけて「ヨッ」と手を伸ばせばなんとか開ける事ができました。(参考身長174cm)

付属品はトレイ、仕切り、キャップ、固定用具一式です。キャップは本体底にある水抜き穴用です。

固定方法

付属の固定具を使って車両に固定しました。固定しなくても飛んでいったりはしないと思いますが・・・

まずはシルバーのコの字型の金具を本体にはめ込み、ベルトを手前から奥に入れます。

アオリの下に引っ掛けるように黒い金具をあてます。この金具は車両に傷がつかないようにラバーコーティングされています。

アオリのすき間からベルトを出して、奥→手前に通して上に戻します。黒い金具が落ちないようにベルトを上に引っ張りながらアオリを開けます。

反対側が止まっていないので軽く締めこみます。

助手席側は足掛けが付いていたのでこの位置に引っ掛けました。両側でバランスよくなるようにベルトを張って固定できました。

固定完了です。盗られることはないと思いますが、ベルトがあると安心ですね。

収納が少ない軽トラですが、このボックスがあればちょっと買い物した時などにトランク代わりになるので便利です。(鍵を付けることができます。)また、子供の送迎等で助手席に荷物が置けない場合に重宝しそうです。

おわり。