事務所リノベーション その3

雨漏りが発覚して作業が止まっていた事務所2F改装の続きです。

事務所リノベーション その2
内装を解体して発覚した雨漏りですが、管理会社さんがなかなか直しに来てくれません。とりあえず壁の下地を組みながら屋根の修理を待っている状態です。

昨年の9月くらいに管理会社さんが雨漏りの修理してくれました。

屋根と雨樋の部分は既存のスレート屋根の上から新たに鋼板の屋根材を被せてもらいました(カバールーフ工法と呼ぶそうです)。

サッシ周りからの浸水にはシール材を多めに打っていただき、その後の大雨でも雨水の侵入はなくなりました。

しばらくまとまった時間がとれずにいましたが、正月休み明けからボチボチと作業を再開しています。


水平の悪かった床は下地を組んでレベルを出し、針葉樹合板を貼りました。


天井は下地と断熱材、その上にアルミ遮熱シートを挟みました。

スレート倉庫 アルミシートでDIY遮熱
私の住む東海地方でもようやく梅雨明けが宣言され、今年も暑さとの戦いが始まりました。

早くボードを貼って形にしたいですが、まだまだ細かいところができていないので焦らず進めていきたいと思います。

おわり。