軽トラ タコメーターの回転信号について DG63T スクラムトラック

スポンサーリンク

DG63T スクラムトラックの回転信号の取り出しについて

みんカラなどで兄弟車DA63Tキャリィの記事を拝見していると、ECUから回転信号を取り出す方法がメジャーなようです。

私も最初はその方法を検討しましたが、エンジンルーム内のエアクリBOX奥にあるECUを見て「こりゃ面倒だな・・・」と思いました。

そこでダメもとでメーター裏をチェックしてみたら配線が来ていたのでそこから回転信号を取り出しました。

キャリィ・スクラムの違いや年式によって異なるかもしれませんが、簡単に外せますのでECUより先にチェックしてみるのも良いかもしれません。

軽トラ タコメーター取り付け DG63T スクラムトラック
DG63T スクラムトラックにタコメーターを取り付け MTの軽トラを買ったらまずはタコメーターを付けたいですよね。過去にやった作業なので取り付け後の画像しかありませんので参考程度ですが・・・ 取り付けたのは「オートゲージ タコメーター SM60Φ 」

メーターフード取り外し

メーターフードはツメ(キャッチ?)ではまっているだけです。フード奥の下のほう、メーターとのすき間に指を突っ込んで手前に引くとパコっと外れます。

メーター取り外し

 

ネジはメーター下の1本だけです。最近の車はネジが少なくて楽ですね。

両サイドにツメ(赤丸部分)がはまっているので手前に引くと外せます。

配線が短くてあまり多くは引き出せないので手探りでカプラー上部のボタンを押してカプラーを抜きます。

茶色の線

小さいほうのカプラーに茶色の回転信号線が繋がっています。コイツにエレクトロタップを割り込ませてタコメーターまで信号線を引いています。

タコメーター取り付けの記事でも訂正しましたが、純正タコ付きのエブリィワゴン用メーターは形状が全然違うために流用できません。(64Wとカプラーは同じかも・・・)

何のためにメーター裏まで回転信号が来ているかは不明です。純正タコ付き上級グレードがあるのかな・・・

おわり。